費用を抑えるための医療費控除とは

インプラントは保険適用外の自由診療となっています。
そのためクリニックによって治療費用は異なり、相場ではインプラント1本につき約35万円の高額な治療費がかかります。
費用面から治療を断念してしまう人もいるかもしれませんが、この費用を抑えることが可能です。
その方法とは、医療費控除です。
医療費控除とは、家庭内の1年間における医療費総額が10万円を超えた場合のみに適用される制度です。
確定申告することで、一部の医療費が所得金額から控除してもらえます。
治療費は一旦全額負担しなくてはなりませんが、医療費控除を利用することで結果的にはインプラント治療費用を削減することができるということに繋がります。
では、いくら控除されるのかが問題ですが、控除金額は所得に応じて異なるので一概には言えません。
なので、自分の所得からいくら控除されるのかを計算してみるといいでしょう。
「1年間の医療費総額」-「保険などからの補填金額」-「10万円もしくは所得額の5%(※1)」=「医療費控除額(※2)」※1・その年の所得金額合計が200万円未満の人は所得額の5%※2・控除される金額の上限は200万円までただ、医療費控除額がそのまま還付されるわけじゃありません。
実際に環付される金額は、上記で出した療費控除の対象金額から支払った税金分が還付されます。
「医療費控除額」×「申告者の税率」=「環付金額」これが実際の還付金額になります。
また、医療費控除額から翌年の住民税から差し引かれる金額もあり、「医療費控除額」×「0.1」=「翌年の住民税の差引き金額」となります。
医療費控除は、家族全体の医療費を合わせた金額で申告します。
そのため、申告者の所得が多いほど環付額が大きくなると言われています。
また、扶養条件は問いません。
例えば単身赴任、下宿、入院などで離れて暮らしている家族や共働きの夫婦でも生活費を共にしている家族であれば医療費控除が適用となります。


Comments are closed.