インプラントは保険が適用されるのか

インプラント治療を行うに当たって気になるのは、治療にかかる価格です。
ご存知の方もいるでしょうが、インプラント治療に保険は適用されません。
そのため、治療費は全て実費になります。
では何故、インプラント治療は保険が適用できないのでしょうか?
そもそも保険が適用される診療は、生活に支障をきたす治療のみに適用されるものです。
インプラント治療は失くした歯を取り戻すための治療ですが、使用感と見た目が優れているため、最低限の生活を保障する以上の治療になってしまいます。
そのため審美歯科扱いになり、自由診療の保険適用外となります。
保険適用外という事で治療費は全て実費、また、自由診療ですのでクリニックごとに治療費が異なってきます。
ただ、平成24年の4月から、ある“一定の基準を満たした条件の元”でならインプラント治療が保険適用になっています。
では、ある一定の基準を以下に紹介します。
【保険適用の病院】1.歯科または歯科口腔外科があり、保険診療を行っている医療機関であること2.当該病院での歯科・歯科口腔外科で5年以上の経験、もしくはインプラント治療の経験が3年以上ある者。
また、当該病院で常勤歯科医師が2名以上配置されていること3.病院(病床の数が20床以上ある施設)であること4.当直体制が整備されていること5.国が定めた医療機器や医薬品などの安全確保体制の整備がされていること【保険適用の患者例】1.病気や外傷などによって、広範囲にわたり顎の骨を失ってしまった状態2.もしくは、上記の状態から骨移植によって顎の骨が再建された状態3.先天性疾患と診断され、顎の骨の3分の1以上が連続して欠損している状態4.顎の骨形成不全症であること保険が適用される基準は上記のようになりますので、誰でも保険適用できるというわけではありません。
そのため、インプラント治療を希望する多くの方は保険適用外となってしまうのが現実でしょう。


Comments are closed.