インプラントの選択

チョコレートなど甘い物好きの私は、小さい頃から虫歯が出来てしまう事が多く、学校の歯科検診では必ず虫歯が発見されていました。
その度に、歯科へ行く恐怖との戦いでしたが、やはり甘い物好きは治りません。
そして、上の歯の前歯一本が深い虫歯となり、抜歯する事となりました。
その後は、差し歯をいれていましたが、その後、20年位経過したある日、その差し歯が抜けてしまいました。
null寝不足と疲れが溜まっていたこともあり、以前からその歯の周辺の歯茎に違和感を抱いていたこともあります。
話をした時に、どうしても見える場所の歯だったため、その後、直ぐに歯科へ受診しました。
レントゲン検査を行い、口腔内の状況を確認する事から始まり、先ずは歯茎の状態を安定させることとなりました。
その間は、仮歯での代用となり、今後の治療方法を歯科医と相談しました。
そこで、インプラントへの治療方法の選択を進められました。
しかし、他の治療に比べてインプラント治療は費用が高いと言う点から、迷い、他の歯科へ再度相談へ行きました。
同じく口腔状態からその治療方法の選択が始まり、やはり年齢的にも状態的にもインプラント治療が良いといわれました。
インプラントは、骨にボルトをはめて歯を固定させるため、骨がしっかりしていることも重要な点である事、また、抜けた歯の周りの歯が治療も必要もない健康な歯であったため、抜けている部分だけを元の歯と同様に補えるインプラントが良いとされました。
そして、インプラント治療へ方向が進みましたが、以外にも、歯茎の状況が安定するのに時間がかかりました。
そして、インプラントは高額医療として、医療控除の対象となるため、私は、通院しやすい歯科を選びました。
歯科治療も様々な場合がありますので、自分に合った良い選択をしましょう。

This entry was posted in 治療を受ける前に知っておきたいこと.

Comments are closed.