インプラントってどこがいいと思いますか

歯科医院の看板に大きく書いてあることも多くなってきたインプラントですが、どうしてそんなに人気があると思いますか。
治療法を知ると、人気が高い理由がよくわかるはずです。
自分の歯が抜けてしまったら、すぐにでも歯を補うことになるでしょう。
むしろ、はやく治療しないとほかの歯にも影響が出てしまいます。
では、インプラントはどんな治療法なのかというと、人工歯根を埋めて歯を固定するんです。
通常の歯に近い感じで固定をしますから、とても安定感があります。
人工歯根を埋めるというところで、すでに気が付いた人も多いとは思いますが、歯根がなくなった人でも治療ができるんです。
なくなってしまった歯根を補うわけですから、まったく歯がない状態であっても治療できます。
ここは、とても大きなポイントかもしれません。
そして、見た目がいいということも大きいでしょう。
入れ歯のように金具などで固定しているわけではないので、どこをインプラントにしたのかが言われないとわからないくらいなんです。
前歯のような目立つ場所が抜けたときは、特にインプラントにしたいって思うでしょう。
部分的に治療するだけではなく、歯が全部抜けてしまったとしても治療することができます。
1本で治療するように1本ずつ固定するというわけではなく、まとめて固定するというやり方もできるんです。
たくさん歯が抜けていても治療できるというのもいいところではないでしょうか。
気になったら、歯科医院に相談してみてください。

This entry was posted in 治療を受ける前に知っておきたいこと.

Comments are closed.