インプラントの長所について

インプラントは歯医者さんによってはまだあまり勧めないところもありますが、最近の歯科業界では、最先端をいく技術として、大変注目されています。
インプラントは一般歯科と違い、手術が必要なので、その分、技術が必要です。
技術の浅い医師がやることで、内部の神経を痛めてしまい、結果的に日常生活に支障をきたすこともあります。
ですので、インプラントを成功させ、正しく噛む力を取り戻すためには、インプラントの技術の高い医師を探すことが大切です。
実際にインプラントが成功すると、良いことがたくさんあります。
まずは、噛む力が従来の正常な歯の時とほとんど変わらないようになります。
データでは、従来の本当の歯の噛む力と比べても、インプラントは90%以上という高い数値が出ているのです。
自分の歯と同じような感覚で食べ物が噛めるので、あごの骨が痩せていくのを防ぐことができ、結果的に老化防止につながるといわれています。
高齢者ほど、自分の歯で食べているのと同じ感覚を持ち続けることが大切で、食べ物を自分の口から摂取することで、健康を保つことができ、認知症などを防ぐ効果が研究結果で分かっています。
nullさらに、入れ歯などと違い、定期的に洗浄したり消毒したりする必要がないので、メンテナンス不用なところも良い点です。
他にも、入れ歯などと違い、隣り合う歯に影響を与えることがなく、それ自体が独立しているので、隣り合う歯や歯茎が弱ったり、虫歯を連鎖させてしまうこともありません。
それはつまり、残りの歯を保護する役割もあるということなのです。
また、インプラントは天然の歯と同じように、ある程度、定期健診を行うことで、その美しさや機能をしっかり保つことができます。
インプラントだからと安心することなく、定期的な歯磨きをしっかりすることで、周りの天然の歯を守ることにもつながります。
アフターケアもしっかりしたインプラント専門医を見つけて、末永く自分自身で物が噛めるようにすることが大切です。

This entry was posted in 治療を受ける前に知っておきたいこと.

Comments are closed.