笑えるようになった

インプラントにしたおかげで、大きな口をあけて笑えるようになりました。
まだ若いのですが、歯を大事にしてこなかったせいで、歯が一本抜けてしまいました。
さすがにこの時はショックで、悲しかったです。
抜けた歯はどうなるのだろうと思い、京都にある歯医者にいくと、とても怒られました。
nullもちろん理由は歯を大切にしていなかったからです。
歯が大切だからこそ、先生は自分を怒ってくれたのです。
そしてインプラントのことを教えてくれました。
これなら見た目ではわからないし、周りの歯に負担をかけることが無いから安心ですよ、と言ってくれたのです。
患者さんのことを考えている歯科医院だったので、そのままそこで治療することにしました。
歯が抜けてしまった時はショックと恥ずかしさで笑うことができませんでした。
しかしインプラントにしてからは、また笑えるようになったのです。
周囲の人は、誰も私がインプラントにしたことには気がついていないようです。

This entry was posted in 治療してよかったと思えることとは.

Comments are closed.